雨漏り修理は簡単な応急処置で被害を抑制することができます

住宅のSOSにいち早く気づく!雨降りトラブルの対処法

応急処置はしましたか?~まずは穴を塞ごう~

天井修理

雨漏りを見つけたら、更なる被害を防ぐために屋根裏にある原因を見つけ応急処置を施しましょう。雨や風が続く毎日だったら、できるだけ早く雨漏り修理の対処をするのが鉄則です。

簡単な応急処置

簡単な応急処置をするだけでも、家の傷みを最小限に防ぐことができます。また、屋根の修理を依頼するまでの場つなぎにも役立ちます。専門的な知識は不要ですが、女性の力では若干難しい部分もありますので、ここは旦那様にお任せするのが一番です。

ブルーシート
一番簡単にできる応急処置です。雨漏りの原因と思わしき屋根を覆うようにブルーシートを張り固定します。また、屋根裏にブルーシートを広げて、雨水を溜め居住スペースに水が伝わらないようにすることもできます。もちろん、家財道具を雨漏りから守るカバーの役目もできますね。屋根に上っての作業になるので、風雨が強い時や足場が悪い状態での作業はさけましょう。
防水テープ
傾斜のない平面の陸屋根やスレート葺の屋根であれば、防水テープを用いることもおすすめです。雑巾で屋根の汚れをふき取った後に、原因箇所に防水テープを貼ります。ピンポイントに原因箇所が分かる場合にのみ有効ですが、防水テープ自体がホームセンターで購入できるので、雨漏りに気付いた時点で早急に処置できるメリットがあります。

応急処置後の対応

もちろん、「応急処置をしたから大丈夫!気になったらまた処置をすればよい」と考えるのは厳禁です。その後はお家を維持するためにも一刻も早く本格的な修繕が必要です。

解決への近道は「プロへの相談」

素人仕事では、余計に雨漏りをひどくする可能性も否めません。また屋根上での作業中に落下事故や、瓦を割るといった二次被害が出ることも多々あります。もちろん「処置をしたからしばらくは大丈夫だろう」という感覚も危険です。大事な家を長持ちさせるためにも、雨漏りのトラブルは自己解決をすることなく、応急処置を取った後に、プロの業者へ修繕のための調査を依頼することをおすすめします。プロが行う調査費用や見積もりは無料の場合がほとんどです。安心してお問い合わせください。

TOPボタン