雨漏り修理は発生時の対応が肝心!ひどくならないための対処法

住宅のSOSにいち早く気づく!雨降りトラブルの対処法

雨漏り修理は時間との勝負~被害が出たら~

案内する男性

雨漏りを発見したら、いち早く修理を考えなければ「家そのもの」がダメになってしまいます。「発見したら雨漏り修理はどうしたらいいの?」「雨漏り修理で保険の適応はできる?」といった点に迫ってみました。

雨漏り発生時の家の状況

天井に雨のシミがある、天井から居住空間に水が滴り落ちるようになったという状況は、家にとっても「悪化した状態」にあると言えます。屋根や壁の破損が原因で雨が進入し天井裏のすき間をつたって天井から漏れ出している状態です。目で見てわかる異変があれば、雨漏り修理を行わなければいけないととらえましょう。

雨漏り修理の遅れが招く被害

木部の腐食
雨漏りにより、化粧を施していない屋根裏の木板が濡れてしまうと腐食しやすい状態になります。断熱材や耐火のための石膏ボード等が敷きつめられている屋根裏が水ぬれすれば、湿度が高まりカビや腐食の温床となります。腐食が進めば、更に雨漏りがひどくなります。もし、腐食しているのが家を支える柱だったら、家が壊れてしまう原因になります。
シロアリの発生
湿気を含んだ木材がある、湿度が高い環境は白アリの繁殖に格好の場所となります。特に、梅雨の時期はシロアリの繁殖時期と重なり、私たちの目に見えないところに巣作りを行っています。女王アリは巣のバランスを保つために1年中卵を産み続けています。そのため、1匹発見した時には既に大きなコロニーができ上がっているという結果につながります。

雨漏りで本当に怖いのが健康被害

雨漏りした天井

雨漏りで家のコンディションが悪くなる!と焦る気持ちが先立ってしまいますが、本当に怖いのは「健康被害」であり、雨漏り修理の必要性が高い理由でもあります。

雨漏りによる悪影響

雨漏りによって、体調に変化をきたすことがあります。特に、小さな子どもや抵抗力が落ちている方がいる家庭では、それが顕著に現れます。健康な大人であっても、ある日突然体に異常が現れることがあります。二次被害を防ぐためにも早急に修理を行いましょう。


自宅で雨漏りが起こってから、体が痒くなったり、息苦しさを感じることがあります。どうしてこのような症状が起こるのでしょうか?
これは、天井板や柱が腐食した結果、カビやダニが増えたことによって起こる「アレルギー症状」の可能性が考えられます。ぜんそくや肺炎の他、皮膚炎の原因につながります。健康な方でもある日突然発症することがあります。
雨漏りのせいで自宅が傷んでしまっています。その上、カビやダニも発生してしまったのですが、どうしたら解決できますか?
カビによるクロスの汚れや屋根裏のカビやダニなど、雨漏りによる弊害がたくさんあります。雨漏り修理業者に相談をすると、雨漏りの修理だけではなく、痛みが生じた部位のクリーニングやクロスの張り替え請負といったサービスを受けることができます。

旦那に教えたい~雨漏り修理費を安くする裏技~

旦那が修理費の見積もり額にチェックを入れてきたけれど、背に腹は代えられない状況。雨漏り修理費を安くする裏ワザとなる保険があります。

台風による雨漏りなら火災保険が使える

一戸建ての住宅であればほとんどの家庭で火災保険に加入していることでしょう。火災保険では風害(台風・強風・突風)で受けた雨漏り被害であれば補償対象となります。老朽化や施工不良による場合は対象となりませんので注意が必要です。

TOPボタン